FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民族衣装

 国際会議なんかを見ていると、アラブ諸国やアフリカ諸国・インドあたりは実に様々な民族衣装を身にまとって、国の代表として出席している。

 
 較べて、日本・韓国・中国あたりは全くくそおもしろくもない、スーツ姿である。

 体格の良い中国人あたりは結構それでも良いのかもしれない。

 
 しかし、ヨーダのような故宮沢喜一さんなんかは、どうにもいやだ。


 何故、着物を着ないのだろう。

 特に皇族には官衣直垂・十二単で外遊をして頂きたい。

 まるで借り物のような洋装は見たくない。


 そのための税金ならば、使用可だ。所詮しれている。


 昔、永六輔さんが代表の「天着連(天皇に着物を着て頂こう市民連合)」という団体があったが、まさに我が意を得たりだ。


 ブッシュの得意技パワープレイで、パフォーマンスの有用性は証明されたはずだ。着物=侍のイメージで、はるかに押し出しもきくはずなのだ。

 着物外交を断固指示する。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき - ジャンル : ブログ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。